エアコンが壊れてお金が必要になった時の体験

急な引っ越しでお金が必要になった

去年の6月に家族が体調を壊して入院してしまいました。それはうちから2時間もかかる遠い病院でした。
そのときに家族の世話に行っていたのですが、その病院に行くまで電車とバスで2時間もかけていくのは大変でした。2日おきに行っていましたので、自分も倒れるかと思いました。

 

帰宅するといつもエアコンと扇風機をかけていましたが、家族が入院して2週間ほどたったころに、いつものように帰宅してエアコンをつけましたが急にエアコンがつかなくなってしまったのでした。

 

リモコンの電池切れかと思いましたが、そうではなかったようでした。エアコンを買って3年ほどしかたっていなかったので、随分と壊れるのが早いなと感じていました。

 

私は家族の入院している病院に通うのが精一杯で、エアコンの修理まで頼む余裕がありませんでした。でもエアコンがないと、扇風機だけでは限界を感じてしまっていました。仕方なく電気屋さんに行ってエアコンを買うことにまりました。

 

近所の電気屋さんにお願いしたのです。突然の出費になってしまいましたが、預金をおろしてお金は用意しておきました。電化製品が壊れると続けて壊れると言われていますね。今度はどの電化製品が壊れるのかちょっと不安になっています。